Let's 中医学的養生!~ペットも飼い主さまも、一緒に元気に♪~

1年を24等分して季節の節目を表す24節気では、3月6日ごろを「啓蟄(けいちつ)」といい、冬眠していた虫が穴から出てくる頃、ということを意味します

そして、20日頃には、「立春」を迎えます

万物の活動が盛んになり、いよいよ春が近づいてきます

暖かくなると、人間も動物も、活動エネルギーが高まり、気分も高まりやすいです

でも、中医学では、春は「肝」に影響が出やすい時期で、情緒が不安定になったり、怒りっぽくなったりすることがあるとされています

一気にスタートを切らず、寒暖の差に気をつけながらゆっくりと春を迎えましょう

今月は、肝を保養する働きのある、菜の花、春菊などを普段の食事に加えることをおすすめします

ワンちゃんは、牛肉やアジと一緒に与えると食べやすいだけでなく、気のめぐりがよくなります

今が旬の食材を積極的に取り入れて、飼い主さまもワンちゃんも、ネコちゃんも今月も元気に過ごしましょう


こばやし動物病院では、西洋医学による通常の一般診療だけでなく、東洋医学も取り入れ、治療の選択肢を増やすだけでなく、ペットの病気だけに視点をあてるのではなく、全体をみて、その子にあった治療や予防をご提案しています

漢方や鍼、お灸に通って調子がよくなっているちゃんちゃんたちが増え、飼い主さまにもご満足いただいていますが、これは私たちにとってもこの上ない喜びです

ペットにできるだけ負担がなく、効果のある治療を
スタッフ一同の願いです


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0